[6mDCS]

RITを外してミキサのFETのGとSとを入換

VXOが安定しないので、36MHzのクリスタルに結合していたRITを外しました。さらにクリスタルに噛ませていたTCも外しました。これは可変幅が増えるということでつけたのですが、逆に発振が安定しなかったので外しました。

さらに14Mと36MのミキサのFETのゲートとソースを入れ換えました。あまり意味が無いのかもしれませんが、36MHzの方をソースに接続して、14MHzが二つのクリスタルがあるので、こちらを変動用として、ゲートにつなぎました。

つまりRITはいずれ14MHzの方に接続します。

さて実験です

36MHzは35.995くらいで発振してくれました。なんとか動いているようです。トランシーバーのピーという受信音が嬉しいです。アナライザはもっと広く受信していることを示していますが、ピー音はこの周波数でしか入って来ません。ATTが働いているのかもしれません。

14MHはもともと動いていたのですが、ミキサが合算して50MHzをなかなか出してくれませんでした。デジタルテスタの周波数計が50MHzあたりから測定できなくなるということも見たことがあるので、それかもしれません。とりあえずミキサの最適化は諦めました。

ついでいままで盲点だったRF段です。

VX-8DからAM信号を出してイヤホンで音を聞きながら、RFのトリマを調整しました。するといままで聞こえていなかったピーッというおとが聞こえてくるではありませんか。なんとここの調整ができていなかったので、受信音が入って来なかったということが漸くわかりました。送受信でRFを切り替えて使っているので、当然送信も同調していなかったわけで、これではまともな機能は期待出来ません。

次回は14MhzにRITをつなぐことですが、その前に今の状態でDSB信号を受信してみたいのですが、なかなか6mでは静かでして・・・。

Last updated 2013-07-21

Call Sign/QRA: コメント:

JG1SNX | JCC#1030 | GL: PM95SR | jg1snx(あま)jarl.com

いまさらハム

ようこそ(←初めての方へのご挨拶)

40の手習いで3アマ取得。

いわゆるアパマンで環境劣悪(マンション1F)のため専ら移動(といっても自転車)のみ。

夢は武蔵・多摩の丘から自作機で移動運用すること。

キーワードは、「QRP」「自作」「お手軽運用」で楽しむ。

今日もチャリン歩deハム!

移動運用日誌

<< 2021-11 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

あれこれ研究室

学んだり試したりしたこと

サイト検索

キーワード

Google

更新履歴

2020/5/8

2020/1/7

2019/12/29

2019/10/21

2019/4/26

2019/4/3

2018/10/27

管理者ページ