トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン 印刷

annotate()

auditR

グラフに注釈を入れる

ggplot()によって描いたグラフに、ちょっとした説明を入れたり、変数の値を追記したりするときに、あの手この手のうちannotate()を使う。

 cars %>% ggplot() +
    aes(x = speed, y = dist) + 
    geom_point() +
    annotate("text", x = 10, y = 100, label = "cars")

第一変数の"text"は注釈が文字列であることを示す。

(x, y)の値は、グラフの座標に用いられているものがそのまま。少し試行錯誤が必要。

labelに、実際に加えたい注釈の文字列を入れる。

  • 数式

オプションに、parse=TRUEを入れると、label=""のなかにTeX数式を入れることができる。

参考:

http://mukkujohn.hatenablog.com/entry/2016/09/28/223957


Last updated 2020-11-13 | auditR (c) N.Nawata