トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン 印刷

select()

auditR

データフレームの列を選択する

データフレームが大きい時、処理する列を絞ったほうが何かと便利。

df %>% dplyr::select(列名1,列名2, ...)

列名の選択は直接、列名を羅列してもよいが、列番号も可能。

また外したい列をマイナス符号で指定する方法もある。

df %>% dplyr::select(hoge, -moge, 3:6, -4)

さらに便利なのが、where句で列の条件を指定することができる。特に、列の属性(文字列とか数値型とか)で指定したい時

df %>% dplyr::select(where(is.numeric())
参考

Last updated 2020-07-13 | auditR (c) N.Nawata