トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン 印刷

apply()

auditR

各行または各列に対して関数を適用する

データフレームまたは行列の各行ないしは各列に対して関数を適用する場合、

sum(df$x1)

とすることも可能だが、関数が複雑な場合には少し厄介だ。

そこで、apply()関数を使って処理をする。

apply(df, 1, sum)

とすれば、データフレーム(または行列)dfの行(1)にsum関数を適用したことになる。

なお、列に適用したい場合には、2を選択する。

参考

tidyr::mutate()

Last updated 2018-12-17 | auditR (c) N.Nawata