2024-04-19

[uSDX]

Arduinoマイコンボードキットの組立

今日は、uSDXで使うATmega328にArduinoのスケッチを読み込ませるためのマイコンボードをハンダ付け。

ピンをまっすぐに揃えて基板に載せるのは意外とコツがいります。

先日購入した新しいハンダゴテ30Wを使ってみましたが、これまでとは持ち手が異なるので持ち方がぎこちなくなりましたが、すぐに慣れました。

目が悪くなるのを毎回実感していきます。

ブリッジにはやはりフラックスが必須。うまい具合に半田がまとまってくれます。

2024-04-17

秋月からパーツが到着

[uSDX]のパーツが届きました。

初めてネットでパーツを買ったのですが、これほど簡単に買えるのなら病みつきになりそうですね。

といっても店舗に行って掘り出し物を見たり、店の雰囲気を感じたり、また秋葉原の他の店を散策する楽しみは得られないので、やはり店舗は店舗のよさがあります。

取り急ぎ部品点数のチェックをしたら、問題なし。

2024-04-15

[uSDX]

パーツの発注

uSDXの部品は秋葉原に行って買うつもりだったのですが、今回は種類が多く、おそらく一度では買いきれないと考えて、初めて秋月のオンラインストアを使うことにしました。

秋月で主に買ったのは、

  • Arduino Uno互換基板キット
  • ATmega328P
  • 不足のあるR C L
  • MOSFET BS170
  • ロジックICの74ACT00は74HC00APに置き換え
  • その他部品リストに載っていなかったICソケットやピンヘッダ、ピンソケットなど

ですが、肝心のクロックタイマーやマルチプレクサがありません。

そこで、マルツでも探したところ、FST3253の代わりになるSN74CBT3253Cを見つけたので発注しました。実はこの前に、代替品となる74HC4053を発注したのですが、よく見たらICの仕様が異なっていて、どうも怪しいので、発注し直したものです。

誤発注は取り消せないのでそのままですが300円程度なので、授業料でしょう。連休に行くつもりなので店舗受け取りにして送料をケチりました(^o^)v

Si5351はピンの幅がハンダコテの先よりも細いので、さすがにこれをハンダ付けするのは無理そうなのでモジュールを買うことにして、これはアマゾンを探したら、数ページに渡って色々出てきました。

価格は概ね500円前後(数量で異なる)ですが、前回買ったDigisparkモジュールが模造品だったので、今回もそうだろうと覚悟して、最悪は動かなくてもモジュールなので取り替えればいいという前提で発注。

移動運用で使う無線機のクロック部分なので安定的に動いてくれるかどうかがポイントです。特に寒い日はクリスタルの発振が怪しくなります。これも覚悟。

2024-04-14

小金井公園で軽くPOTA

今日も小金井公園に行ってみました。

もう桜も散っていますが種類によっては満開の木もありますが、先週ほどの賑わいはありません。

いつもの西東京市エリアにシートを敷いて運用開始。

どうもバッテリの調子が悪く、先週充電したばかりなのに、数局と交信するとTX時に電圧が7Vを切るようになりました。

今日の主眼はモバイルバッテリを試すことです。トリガーケーブルをつけて12Vで給電し調子を見ます。

交信にはまったく影響がないことがわかりました。無線機は若干熱くなるようです。夏は心配ですね。

またイヤフォンが持っていったものはプラグが大きいため奥まったVX-8のジャックには差し込みきれないことがわかりました。百円均一にいって買うことにします。

最終的には5QSOできました。

28M帯でもCQを出してみましたが、応答はありませんでした。残念。

そろそろCWデビュもしたいところです。

2024-04-11

[uSDX]

基板到着

頒布をお願いしていたところからクリックポストで基板が届きました。

LPF用の基板も10枚以上入っていて、タクトスイッチや回転エンコーダ、ジャックなどの日本では入手しにくいパーツも含まれているので、とても助かります。

パーツの理解

アナログ回路と違ってICはパーツの名称ではなく品番で書かれていることが多いので、一見すると何をするものなのかがよくわかりません。

また入手困難なものとしてFST3253があり、JH1LHVさんのブログではSN74CBT3253Cが代わりに使われていますが、74HC4053も使えるというJA2GQPのブログもありました。

DIPとかSOICというのは穴を通してはんだ付けするか基板表面に実装するかの違いのようで、同じような品番のパーツでも型が異なりますから、実際の基板を見て必要なものを判断するしかありません。

ICはソケットに刺すタイプであれば、安心して使えますが、表面実装のICはクリームハンダとヒートガンを使うほうが楽にできるようです。

2024-04-8

uSDX頒布基板

uSDXを作ってみたくなりました。

QMXを夏に作ったのですが、完成度高くできていたものの、逆にイジれる部分がほとんどなくて、作って終わりになってしまいました。

(tr)uSDXも考慮に入れました。こちらもフリーウェアのような公開ソースになっていますが、販売代理店のようなものが指定されていて、そこから買うか、自分でソースから情報を得て部品揃えをすることになり、ハードルが高そうです。

uSDXも、部品揃えと基板発注をしなければならない点は同様ですが、ネットでいろいろ探しているうちに、自作の情報を色々掲載されているJH1LHVさんがuSDXの基板を頒布されていることがわかり、早速注文しました。

[uSDX]

2024-04-7

花見でPOTA

今日は今年最後の花見の機会と見越して天気も良さそうなので自転車で公園を回ることに。

最初は久しぶりの石神井公園

花見客でごった返していて、とても無線運用という雰囲気ではありません。

かつて運用したことがある場所に行って電源を入れたら、杉並のARCがCQを出していて小学生の体験運用をしているということで、一局だけお付き合いさせていただきました。

その後、早々に退却して一路、善福寺公園へ。

久しぶりに行ったのですが、桜は満開、人も満開ながらベンチが空いているのを見つけて電源を入れたら、昨日QSOした局長さんが堂平山からCQ出していたのでお声がけ。

その直後、同じ杉並から強い局が入ってきたので応答したら、なんと同じ公園の池の向こう側にいらっしゃるということで、アイボール。

コリニアアンテナで運用されているスタイルはとても勉強になりました。ぜひ作ってみたい。その他諸々のことを半時ばかり話したでしょうか。金融関係のクラブ局を作られたとのことで、ハムフェアでお会いしましょうと名残惜しく、自転車を転がして武蔵野市へ。

三鷹通りは有名な桜の名所。千川上水から武蔵野市役所に向かい、さらに武蔵野中央公園へ。ワッチしながら回りましたが、相変わらず入感が悪く、お声がけする雰囲気にない。

諦めて、東伏見公園へ移動。

そこでも2局ほど入ってきましたが、感度が悪く到底こちらから届く様子はなかったので、これも諦めて帰宅の途へ。

今日はアイボールできたのは大きな収穫。

A

2024-04-6

小金井公園で花見

桜もほぼ満開なので、小金井公園で花見をしてから、いつもの西東京市エリアで場所を構えて運用。

わりと昼寝をしている人がいる場所なのですが、今日は花見のためか人影がいつもより少ない様子。

シートを敷いて運用をしました。

途中、レピータからの特小の信号が入ってきたので、特小運用も。

終日、花曇りの天気で少し寒い感じもありましたが、5局とQSO。

特小は3局。

のんびりとした良い一日。

2024-04-2

JARL NEWSが届きました

JARLの選挙に関して前会長の不正を訴える文書も同封。

会長を監視する理事会と、監事の意見などは入っておらず、組織の体をなしていない感じですね。

いまさらハム

ようこそ(←初めての方へのご挨拶)

40の手習いで三アマ、還暦前に一アマ取得。小型船舶と共に海特3。

いわゆるアパマン(しかも1F)で環境劣悪のため専ら自転車で移動し公園などでの運用スタイル。

夢は武蔵・多摩の丘から自作機で移動運用すること。

ハンディ機と特小を持って自転車で動ける範囲でお手軽運用。

今日もチャリン歩deハム!

コールサイン

移動運用日誌

<< 2024-4 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

あれこれ研究室

学んだり試したりしたこと

サイト検索

キーワード

更新履歴

2024/4/19

2024/4/18

2024/4/15

2024/4/14

2024/4/12

2024/4/11

2024/4/7

管理者ページ